みんなが気になるシェアハウスコラム「どんな関係のふたりでもOK!シェアハウスで始める共同生活」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> どんな関係のふたりでもOK!シェアハウスで始める共同生活

どんな関係のふたりでもOK!シェアハウスで始める共同生活

これから二人暮らしを始めようと考えている方にはシェアハウスの利用が便利です。同居することが前提のシェアハウスなので通常の住宅とは違い入居する際の手続きや審査が通りやすく、家賃もお得な物件が多くなっています。

ふたり暮らしできない物件は意外と多い

通常の賃貸物件で他人同士が共同生活をするためにはそれなりに厳しい審査を通る必要があり、審査によっては入居を拒否されることも多くなります。しかし、シェアハウスとよばれる賃貸物件は他人同士が共同生活をすることが前提となっている物件であるため、審査も通りやすくスムーズに契約が進みます。一般賃貸住宅は入居する人たちの関係性を深く問われることもあるうえ、なにかと手続きに時間や労力をとられます。シェアハウスは業者によって家賃を頭割りするところも多く、毎月の負担が軽減できる場合があり生活費の削減や共同生活を考えた場合シェアハウスは理にかなったものといえるでしょう。

ふたりで住める住居のスタイルは?

シェアハウスは海外に多いルームシェアとは違い、基本的に入居者それぞれに個室が与えられます。キッチン・トイレ・リビングなどはシェアする入居者との共同使用が多く、物件には戸建て住宅やマンション、ワンルームなど様々な物件が対象となります。同居する人たちとのコミュニケーションを重視する場合はリビングが広い物件を探したり、服などを多く収納したい場合は与えられる個室が広く収納スペースが多い物件を探すなど、自分のスタイルに合わせて探す事ができる様々な物件スタイルがあります。

シェアハウスでふたり暮らしを始めるメリットは?

シェアハウスは基本的にそれぞれに個室が用意されているので、プライベートを確保することができます。また扱う業者によって違いはありますが、家賃を頭割りする支払い方法をとる場合が多いです。電気・ガス・水道などの光熱費は当然折半で支払う事になりますが、共同で管理する通帳を作成し家賃分と光熱費を予め入金するスタイルが多いので毎月かかる生活費を管理しやすくなります。また共同で使用するものを買った場合には、領収書をきちんと保管しておくことで金銭トラブルを回避でき、どのくらいの買い物をしたのかを管理しやすくなるメリットがあります。

結婚前の同棲カップルにもおすすめ?

シェアハウスの共有スペースの使用方法は予め入居する時に決めておくことが多く、料理は交代でする場合やそれぞれ自分のことは自分でするスタイルをとる場合もあります。共有リビングでの談笑や一緒に料理したりすることができるシェアハウスはお互いの本質を見極めやすく、これから結婚を考えているカップルなどの婚前同棲におすすめのスタイルといえるでしょう。最も良いことは1人ではなく誰かがいてくれるという安心感をお互いに共有できることです。真っ暗な部屋に帰るより、明かりがついた部屋に帰ることができるのは同居する全員がほっとできる最大のメリットです。

Copyrights© 2007-2018 GuestHouseBank.com